カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
1820年代、とても古いスポードのお品です。
1820年代・スポード・稀少・蝶々のハンドルの小ぶりのスープトリーン(送料込)
135,000円(内税)
購入数

61018/319/7
1820年代・スポード・稀少・蝶々のハンドルの小ぶりのスープトリーン(送料込)
135,000円(内税)
patt 3414
1820年代のスポードのお品です。
小ぶりの蓋つきのソーストリーンです。
バタフライのハンドルと、蓋の摘みがついている、とても珍しいお品です。素地はフェルスパー磁器と言われる、スポードが開発したファインボーンチャイナになります。
フェルスパーとは長石のことで、カオリンの代わりに長石を使って作った磁器のことを、フェルスパー磁器と呼びます。スポードが開発したものですが、当時とても人気が出て、他のメーカーでも多く作られていました。
ボーンチャイナよりも白い素地が魅力です。特徴のある美しいバックスタンプ が蓋の裏側につけられています。

手描きのポルカドットのような絵柄も可愛らしいです。この模様はフランスのセーブルが作り出した模様で、ウーイ・ド・ペルドリと呼ばれる紋様です。優しいベージュ地に金彩のサークルの周りをえんじ色のドットで囲んでいます。

大きさ:直径14cm 高さ14cm 幅約18cm
状態・・・☆☆☆☆☆ とても美しい状態のお品です。
この商品を購入する
  • プロフィール ・取材
  • 執筆のお問い合わせ
  • コッツウォルズツアー
  • アンティーク講座
  • ささきひとみコラム
  • メディア掲載実績
  • 陶磁器ブランドAーZ
  • シルバーの豆知識