カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
透かし柄からのぞくコバルトグラスがきれいです。
シルバープレート製・1860年代 透かし細工とコバルトガラスのマスタードポット 小さなスプーン付き(送料込)
23,000円(内税)
購入数

61219/221/21-8
シルバープレート製・1860年代 透かし細工とコバルトガラスのマスタードポット 小さなスプーン付き(送料込)
23,000円(内税)
1860年代に作られた、ジェームスディクソン&サン、シルバープレートのマスタードポットです。
ピアスドで作られた蓋付きのシルバーホルダーの中にコバルトガラスのインサートポットが嵌め込まれている仕組みです。
ヴィクトリア時代、さらにその前からマスタードポットは様々な形で作られてきており、可愛らしいものがたくさんあります。こちらのポットは小さなつまみがついていて、蓋を開け閉めできるようになっており、小さなシルバープレートのスプーン付きです。
マスタードだけでなく、ジャムなどを入れて朝食や、デザートに添えるソースなどを入れて様々なアイデアでぜひお使いくださいませ。

"James Dixon & Sons" (D star S) Sheffield


大きさ:ポットの直径7cm 全体の幅10cm 高さ6cm
状態:☆☆☆☆ シルバーのスレなどなくきれいな状態です。蓋の上の部分に小さな点のようなぶつけた跡が見られます。スプーンはとてもきれいな状態です。 
この商品を購入する
  • プロフィール ・取材
  • 執筆のお問い合わせ
  • コッツウォルズツアー
  • アンティーク講座
  • ささきひとみコラム
  • メディア掲載実績
  • 陶磁器ブランドAーZ
  • シルバーの豆知識