カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
33500円 → 32000円 早割料金、9月15日まで!
メーカー不明・1810年代〜1820年代・ロンドンシェイプ・コバルト色と金彩・美しい手描きのティー、コーヒーカップトリオ(送料込)
32,000円(内税)
定価 33,500円(内税)
購入数

19618
メーカー不明・1810年代〜1820年代・ロンドンシェイプ・コバルト色と金彩・美しい手描きのティー、コーヒーカップトリオ(送料込)
32,000円(内税)
メーカー不明のお品です。
ロンドンシェイプというカップは、スポードが1817年に開発をした形で、スポードでたくさん作られていますが、人気があったことから、他のメーカーでもロンドンシェイプのカップを見ることが出来ます。こちらのお品もスポードのものではないのですが、真似をして作ったものと思われます。
手描きの花はとても細かく美しく描かれています。ピンク色のバラや紫や赤のルピナスのようなお花が色とりどりにカップとソーサーいっぱいに広がっています。コバルトの色付けにムラがある部分が多少見られます。
金彩もとても美しく手描きで描かれており、おそらく、大きな陶磁器工房で働いていた職人が新たに作った工房で作られたものではないかと考えます。そのような工房がたくさん生まれては消えていった時代があることもとても興味深いところです。

在庫はティー・コーヒーカップのトゥルートリオ5客と、ティーカップ&ソーサー1客がございます。
状態が少しずつ違いますので、ご注文の際にご希望の番号をお知らせくださいませ。

 (トゥルートリオ)32000円 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎・・・欠け、ヒビ、貫入はございません。金彩のすれもございません。コーヒーカップの底に焼成時に飛んだ灰降りの跡が見られます。1mmくらいの突起が1つ見られます。

◆ 淵肇ゥ襦璽肇螢)28000円 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎・・・欠け、ヒビ、貫入はございません。コーヒーカップの底に焼成時にコバルトが飛んでしまった跡がございます。その上から金彩で模様が付けられているところがなんだか愛らしく見えます。ティーカップの縁に指で触りますと少し突起している部分があります。作られた時に出来たものと思われます。使用には問題はございません。コーヒーカップの縁には多少の金彩のすれが見られます。それ以外はすれは見られません。

 (トゥルートリオ)28000円 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎・・・欠け、ヒビ、貫入はございません。コーヒーカップの底に焼成時にコバルトが流れてしまった跡がございます。その上から金彩で模様が付けられているところがなんだか愛らしく見えます。ティーカップの縁に指で触りますと少し突起している部分があります。作られた時に出来たものと思われます。使用には問題はございません。コーヒーカップの縁には多少の金彩のすれが見られます。それ以外はすれは見られません。

ぁ 淵肇ゥ襦璽肇螢)22000円 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎・・・欠け、ヒビはございません。貫入がカップ両方に見られます。金彩のすれが、カップの底と縁、ーサーの縁に見られます。コーヒーカップの中のコバルトが焼成の際に金彩のラインを越えて少しだけ流れているところが見られます。
カップ両方の表面に焼いた時にコバルトの色が少しだけついてしまった跡が見られます。こちらはそれほど目立つものではございません。

ァ 淵肇ゥ襦璽肇螢)22000円 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎・・・欠け、ヒビはございません。貫入がカップ両方に見られます。金彩のすれが、カップの底と縁、ーサーの縁に見られます。コーヒーカップの中焼成の際の灰降りの跡が見られます。指で触ると少し凸凹します。ティーカップの表面のくびれている部分小さくぶつけたような跡が見られます。目立つものではないですが、指で触るとわかります。
カップ両方の表面に焼いた時にコバルトの色が少しだけついてしまった跡が見られます。こちらはそれほど目立つものではございません。

Α 淵謄ーカップ&ソーサー)22000円 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎・・・欠け、ヒビ、貫入はございません。ティーカップを真横から見ますと、少し傾いているのがわかります。座りはよいので、使用には問題ございません。ソーサーはとてもきれいな状態です。

大きさ:カップ口径9.3cm 高さ6cm コーヒーカップ口径8cm 高さ6cm ソーサー14.3cm
この商品を購入する
  • プロフィール ・取材
  • 執筆のお問い合わせ
  • コッツウォルズツアー
  • アンティーク講座
  • ささきひとみコラム
  • メディア掲載実績
  • 陶磁器ブランドAーZ
  • シルバーの豆知識