カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
1900年初期 ブルーウィローパターンのティーカップ&ソーサー(送料込)
12,500円(内税)
購入数

/221/21-7
1900年初期 ブルーウィローパターンのティーカップ&ソーサー(送料込)
12,500円(内税)
1900年初期に作られたブースの陶器のウィローパターンのお品です。たいへんずっしりと重厚感のあるティーカップデュオセットとなります。

ウィローパターンの陶器は、1700年後半から作られ始めて、現代まで長い期間を通して英国に好まれたパターンになります。ミントンの創業者、トーマス・ミントンが銅版転写でウィローパターンを広めたといわれています。多くの陶磁器メーカーがウィローパターンを真似し、びっくりするほどのウィローパターンが存在します。

A8025
Booth

大きさ: 
カップ   高さ 6.5cm 口径 9cm
ソーサー  直径 14.9cm
状態:☆☆☆☆ カップ外側に焼成時にできた緑色の染料のシミがあります。カップ、ソーサーの金彩に薄れが見られます。 ひび、かけ、貫入はございません。 
この商品を購入する
  • プロフィール ・取材
  • 執筆のお問い合わせ
  • コッツウォルズツアー
  • アンティーク講座
  • ささきひとみコラム
  • メディア掲載実績
  • 陶磁器ブランドAーZ
  • シルバーの豆知識