カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
ロバート・へネル2世の美しく、高貴なティーポットとティーポットスタンドのセットになります。
1825年・スターリングシルバー製 ロバートへネル2世 オーバル型フルーテッドシェイプのティーポット&ティーポットスタンド (送料込)
655,000円(内税)
1
購入数

2442/0122/22-2
1825年・スターリングシルバー製 ロバートへネル2世 オーバル型フルーテッドシェイプのティーポット&ティーポットスタンド (送料込)
655,000円(内税)
1825年、スターリングシルバー、シルバー工房の最高峰のロバート・へネル2世の美しく、高貴なティーポットとティーポットスタンドのセットになります。
オリジナルのスタンドが一緒になっているお品はとても珍しく、稀少なお品となります。シルバー工房の中でも名前が知れた工房はそれほど数多くないのですが、おそらく頂点の誰もが知るシルバー工房の中の一つがへネルファミリーのシルバー工房と思います。1736年から1887年まで長く続いたへネルファミリーが作り続けた数多くの素晴らしいシルバー製品は今美術館のキャビネットの中に飾れているものもたくさんあります。
今回ご紹介いたしますティーポットとスタンドのセットも、美術館に飾られていてもおかしくないお品と思います。

リージェンシー時代に作られたお品は、シンプルなエングレイブ模様が施された洗練されたお品が多いです。こちらのお品も細かなお花で作られたスワッグとカートゥーシュが美しくエングレイブされています。
カートゥーシュの中にはモノグラムのマークが付いています。マークが付いていることは珍しくないのですが、こちらのお品のマークにエングレイブされた言葉は、心に響く美しい言葉なのです。宝物にしたくなる珠玉のティーポットです。
"Lux venit ab alto" ="The light came from the deep" 光は暗闇からやってくる。
この時代、新しい事象がたくさん発見された時代。エンライトメントと言われる、文明が開花する様子を表すような、明るい未来を象徴するような言葉なのです。

Robert Hennell II (RH) London
サイズ:

ティーポット スパウトからハンドル後方まで28cm 高さ 15cm  
容量:800ml 重さ:487g

ティースタンド  16.7cm x 12.6cm  重さ:140g

状態 ☆☆☆☆☆ ティースタンドの表面に使用したことによる、擦レ、傷がございますが、ティーポットの内側もたいへん綺麗で目立った凹み、歪みはございません。
この商品を購入する
  • プロフィール ・取材
  • 執筆のお問い合わせ
  • コッツウォルズツアー
  • アンティーク講座
  • ささきひとみコラム
  • メディア掲載実績
  • 陶磁器ブランドAーZ
  • シルバーの豆知識