カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
売り切れとなりました。
稀少・1810年代・リージェンシー時代・ウォールナッツ材とローズウッドのインレイ装飾が美しいティーキャディ 鍵付き(送料込)
0円(内税)
在庫数、単位
/0422/22-18
稀少・1810年代・リージェンシー時代・ウォールナッツ材とローズウッドのインレイ装飾が美しいティーキャディ 鍵付き(送料込)
0円(内税)
1810年代に作られた、リージェンシー時代の大変希少なトリプルティーキャディです。
ウォールナッツ材のサーコフガス型と呼ばれる、この時代のティーキャディの典型的な形のお品です。ボックスウッドのインレイで美しく全体が装飾されています。アカンサス模様に彫刻された特徴的な足が付けられており、花籠模様のブラスハンドルもエレガントです。
2種類の茶葉をいれるための2つのコンパートメントと中央には茶葉を合わせるためのガラス製のミキシングボウルがついています。

茶葉用のコンパートメントはパタンと押し開けるデザインのもので開閉もスムーズです。

カット模様が美しいどっしりとしたミキシングボウルは単体でもお使い頂けそうなきらきらとした良い状態のお品です。

同じくリージェンシー時代に作られたクリアガラスのミキシングボウルと鍵までセットになったボックスは大変希少で美術品に近いような逸品です。


サイズ:横幅 32cm 高さ 19.5cm 奥行 16cm
    紅茶入れ 11.8cm x 7.5cm 深さ 11cm
    グラス  口径 10cm 高さ 11.8cm

状態:☆☆☆☆ グラス置きの内側の側面部分にシミがあります。ティーキャディ後ろの蓋部分の中央に擦り傷がございますが、全体的に状態の良いお品です。鍵もしっかりロックいたします。
  • プロフィール ・取材
  • 執筆のお問い合わせ
  • コッツウォルズツアー
  • アンティーク講座
  • ささきひとみコラム
  • メディア掲載実績
  • 陶磁器ブランドAーZ
  • シルバーの豆知識