カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
売り切れとなりました。
ヴィクトリア時代後期・すっきりとしたビーズ飾りが上品な大きめサルヴァ(送料込)
0円(内税)
41120/1120/20-47
ヴィクトリア時代後期・すっきりとしたビーズ飾りが上品な大きめサルヴァ(送料込)
0円(内税)
1871年、ヴィクトリア時代後期につくられたスターリングシルバー製の大きめなサルヴァです。
縁のビーズ装飾とすっきりとしたフォルムが美しいお品です。

サルヴァ中央には大変細かな花柄のエングレイビングが施され、
バラの花や、リボン、ハートを象ったようなパターンのカット柄が天面いっぱいに広がるきれいなデザインです。
底には控えめなボウル&クロウシェイプのフットが3点ついています。



1871年
"Edward Ker Reid
EKRの刻印
ロンドン
スターリングシルバー製


サイズ:直径30.5cm  内径27cm 高さ約3cm
状態:☆☆☆☆☆ 歪み、大きなダメージはございません。裏面に若干のスクラッチがございます。
  • プロフィール ・取材
  • 執筆のお問い合わせ
  • コッツウォルズツアー
  • アンティーク講座
  • ささきひとみコラム
  • メディア掲載実績
  • 陶磁器ブランドAーZ
  • シルバーの豆知識