カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カップとプレートには金彩で”M"のモノグラムが書かれています。
1910年代・リモージュ&ババリア ピンクの花輪模様に金彩が煌びやかな小さなペデストールティーカップトリオ (送料込)
35,500円(内税)
各オプションの詳細情報
オプション
購入数

31721/1121/21-45
1910年代・リモージュ&ババリア ピンクの花輪模様に金彩が煌びやかな小さなペデストールティーカップトリオ (送料込)
35,500円(内税)
1910年代、リモージュに存在した1850年に設立され、1907年まで続いた陶磁器メーカーのお品です。プレートとカップ&ソーサーのメーカー名が違うのですが、手描きの絵柄はマッチしております。英国製のものでもこのような不思議がありますが、どのような経緯で違ったメーカーで同じ柄のものが作られたのかは謎です。
リボンで繋がった野バラの絵柄が手描きで柔らかな風合いで描かれています。カップの中とソーサーはふんわりと淡いピンク色に色付けられています。とても小さな小ぶりのカップにはペデストールがついており、小さいながら存在感があります。
カップとプレートには金彩で”M"のモノグラムが書かれています。



"Tressemann & Vogt" Limoges
Thomas"ババリア

サイズ: 
カップ     口径 8.4cm 高さ 5.3cm
ソーサー    直径 13.5cm
プレート    直径 17.1cm

トリオ1
状態 ☆☆☆☆☆ プレートの表面に使用したことによる、擦れや傷が見られます。金彩の状態も良く、全体的に綺麗なお品です。ひび、かけはございません。

トリオ2
状態 ☆☆☆☆☆ カップ内側のピンクにムラがございます。プレートの表面に使用したことによる、擦れや傷が見られます。金彩の状態も良く、全体的に綺麗なお品です。ひび、かけはございません。
この商品を購入する
  • プロフィール ・取材
  • 執筆のお問い合わせ
  • コッツウォルズツアー
  • アンティーク講座
  • ささきひとみコラム
  • メディア掲載実績
  • 陶磁器ブランドAーZ
  • シルバーの豆知識